転職を考える方へ

当サイトを閲覧いただき誠にありがとうございます。転職に際して色々と迷う時があるかと思いますが、当サイトが少しでもお役に立てればと思います。当サイトに関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

転職活動は事前準備を綿密に

転職活動は事前準備を綿密に
転職活動に際して

転職活動に際して

勤めている会社を辞めて新しい会社へと転職を考えている方は、何から始めるべきなのかを迷われる方も少なくありませんよね。また、どのような活動をしていくべきなのかという点も迷ってしまうことがあると思います。そんな時に知っておきたいことをご紹介します。

気をつけるべきポイント

気をつけるべきポイント

まずは転職を考えた際に気をつけなければいけないことがあります。転職を考える瞬間というのは、辞めようと考えている会社に勤めている時です。現在勤めている会社の都合もしっかりと考えながら行うことも転職活動の重要なポイントのひとつです。
気をつけることは大きく2つあります。1つは退職届けをすぐに出さないということです。円滑に転職活動を行うことを考えれば、自分に適したスケジュールを適切に組んでいくことが大切になります。転職には時間と労力がかかるものですので、それぞれでスケジュールが大きく変わります。もう1つは退職との兼ね合いです。貯金がそれなりにあり、休養も兼ねた転職活動を行えるのであれば特に問題はありません。しかし休養を兼ねて3ヶ月ほど失業状態で転職活動を行う場合には、おおよそ50万円以上の貯金を使い果たすことになります。もし自分の状況を考えて、難しいのであれば在職した状態で転職活動を行いましょう。そして内定が決まってからではなく、内定前に退職の旨を伝えておき、ある程度の引き継ぎ期間を設けることとなりますので、その辺りの会社の都合もしっかりと考えましょう。

事前準備について

事前準備について

転職は新卒時の就職活動とは異なり、求人が発生するタイミングをつかむことが難しいです。しかも採用は数名程度になることが一般的なので、新卒の就職活動よりも応募の期間が短いです。これらの理由から応募がかかったタイミングで、すぐに対応できる準備を万全にしておくことが必要です。
準備に関しては、もちろん履歴書は必須項目です。選考段階で提出を求められることがほとんどなので、履歴書を用意しておきましょう。そして自分の学歴欄に書く卒業年月や、職歴の異動年月、資格取得年月といった数字の確認。そして退職理由と志望動機といった自分の経歴とアピールポイントを整理しておきましょう。更に言えば、郵送する際の封筒の書き方、添付する写真なども用意しておくと尚良いです。

活動スタート時期

活動スタート時期

転職活動を始めるのに早すぎるということはありません。情報収集から始まり、実際に会社を辞めて新しい勤め先に働くまでに1年以上かかるケースもあります。転職活動を行っているからといって、必ず転職しなければならないというわけではありませんので、早めに行動することを心がけましょう。

一緒に読みたいTOPICS