転職を考える方へ

当サイトを閲覧いただき誠にありがとうございます。転職に際して色々と迷う時があるかと思いますが、当サイトが少しでもお役に立てればと思います。当サイトに関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

ヒューマンスキルが問われるITエンジニア

ヒューマンスキルが問われるITエンジニア
ITエンジニアに転職するなら

ITエンジニアに転職するなら

IT業界といえば、様々な職種があるものの、それぞれで専門的なスキルを駆使して仕事をしているイメージがあります。よって転職を考えた場合に、専門的なスキルがなければ転職することができないといったことを思う人も多くいます。特に、他業種から経験もほとんどない状態でITエンジニア関連の仕事に転職を考えても、ほとんどの企業の採用条件に合わないということがあります。そういった場合に、ITエンジニアにはどのようなスキルが必要で、転職を考えた場合にはどのようなスキルがあると活躍の場が多いのかといった点をご紹介します。

コミュニケーションやチーム力

コミュニケーションやチーム力

転職を考えて、新しい資格を取るべきなのか、もしくは特別なスキルがない限り大きな企業への転職は難しいのかといった不安がよぎるかもしれません。しかし、IT業界での転職では現在持っているスキルをどのように転職先の企業に活かせるのか、といったことがポイントになります。
例えば、新卒で求められる有利なスキルですが、技術よりもコミュニケーション能力です。転職の中途採用であれば、チームを動かす能力です。技術よりも人とどのように関わって、自分がプロジェクトで果たした役割をアピールすることができれば、それは十分スキルとして認めてもらえるのが現状です。

積極性と主体性

積極性と主体性

協調性も大事になりますが、積極的にチーム内で意見をすることや、自分の思ったことを進めていく主体性と積極性のスキルも重要です。ITエンジニアには提案や設計といった仕事が主な仕事になるため、どの業務に関しても周りとのコミュニケーションを図りながら、どれだけ自分から進んで仕事に取り組む姿勢を取れるのかが大切です。仕事をやらされているのではなく、自分から仕事をしていけることが重要なスキルと言えます。

やり遂げる実行力

やり遂げる実行力

IT産業が生まれた時、IT業界には他業種から転職をされた方がたくさんおり、多くの未経験のITエンジニアが誕生しています。そして、元々スキルがないITエンジニアが請け負った案件が完成することなく放置されている状況が多々発生していました。こういった背景があるIT業界には、請け負った仕事を粘り強く完成までやりきるという責任感と実行力が求められます。

ロジカルな思考

ロジカルな思考

顧客の要望を叶えるために設計を行うのがITエンジニアですので、なによりも顧客の要望をよく理解し、抱えている問題を解決できる設計を開発しなければなりません。そのため文章を作る時、人に理解をしてもらうために論理的な説明をする必要があります。顧客がIT業界に関してよくわかっていないということも多くあるので、ロジカルに納得してもらえる説明ができるというのはとても大切なスキルです。

一緒に読みたいTOPICS