転職を考える方へ

当サイトを閲覧いただき誠にありがとうございます。転職に際して色々と迷う時があるかと思いますが、当サイトが少しでもお役に立てればと思います。当サイトに関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

ペット全般の知識が必要なトリマー

ペット全般の知識が必要なトリマー
トリマーになるには

トリマーになるには

日本には国家資格を取得していなければ働くことができない仕事がたくさんあります。たとえば弁護士や医師、看護師などが代表的です。動物に関して言えば、獣医師は国家資格を持たなければ働くことができず、資格を持たず無免許で治療を行えば法律違反となります。
その点、トリマーには国家資格を取得する必要がありませんので、誰でも始めようと思えばいつだってトリマーとして活躍することができます。よってトリマーは仕事を始めるハードルは低い職業と言えます。

トリマーとして活躍するには

トリマーとして活躍するには

誰でも始められますが、実際には実力を持たない人に自分の大切なペットのヘアカットを任せるかとなれば、任せる人はほとんどいません。なので、トリマーとしてキャリアを積み始めるにはペット関連の知識と、トリマーとしての経験が求められます。トリマーは作業中に刃物を扱いますので、動物が暴れ出したりするととても危険です。その場合にはペットをなだめたり、体を上手におさえる方法を知らなければいけません。しかも、なだめ方も数百種類にのぼる犬種から適切なものを選択することなど、深い知識が必要となります。
このような点からトリマーとして活躍していくには、カットの技術はもちろん、多くの経験とペットに関する知識、そしてセンスといった様々なスキルが必要となってきます。

キャリアを積もう

キャリアを積もう

誰でも始められるという一方で、実際に働くにはスキルが必要となりますので、キャリアを積んでいく方法をご紹介します。一般的な方法としては、トリマーの専門学校や通信講座といったところで技術を身につけたり、ペットショップのアルバイトを通して経験を積んでトリマーとしての就職を目指すといったものがあります。これらはトリマーとして就職をする際にとても有利に働きます。最初から独立を考えるのではなくトリマーとしてのキャリアを積んでいくことをおすすめします。

トリマーの転職適性

トリマーの転職適性

トリマーに転職をしたいと考えた場合に、仕事の特性から求められる能力がありますので、転職をする場合には以下の能力は要チェックです。
まずは手先の器用さです。ペットの美容師といった存在なので、美容師同様センスや手先の器用さは必要不可欠です。そして、動物は人と違って長時間おとなしくしているとは限りませんので、施術中はなにがあっても怪我をさせないように、集中力を切らずに保てるかということも大切な能力です。そしてコミュニケーション能力です。飼い主の要望をしっかりと理解できる能力はもちろん必要ですが、なによりも飼い主との信頼関係も重要となります。大切なペットを任せられるという安心感があってこその仕事ですので、飼い主との信頼関係をしっかりと結んでいくためのコミュニケーション能力は大切です。

一緒に読みたいTOPICS