転職を考える方へ

当サイトを閲覧いただき誠にありがとうございます。転職に際して色々と迷う時があるかと思いますが、当サイトが少しでもお役に立てればと思います。当サイトに関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

国家資格の取得が必至の看護師

国家資格の取得が必至の看護師
資格の必要性

資格の必要性

看護師として働く場合には、准看護師、正看護師の資格を取得することが必要です。看護師ではなくても医療施設で働きたいといった場合には、看護補助という名目で医療施設に勤めることは可能ですが、実際に患者さんと接する看護師になるには必ず資格が必要です。
准看護師と正看護師では資格の種類が異なります。准看護師はそれぞれの都道府県で管理されている資格で働くことができますが、正看護師は国家資格が必要となり、取得する方法も異なります。看護師として働きたいのであればいずれにせよ資格は必須なので、看護師に転職をするのであれば資格を取得する必要があります。

それぞれの資格を取得するには

それぞれの資格を取得するには

准看護師と正看護師では先述の通り、資格の取得方法が異なります。正看護師に比べて准看護師の資格は比較的取得しやすいと言えます。准看護師の資格取得は、准看護師の学校へ通って資格試験にパスすることで資格を取得することができます。准看護師から夜間の学校へ通って、後々正看護師として働くこともできます。
正看護師は2通りの資格取得の方法があります。現在正看護師として働く方の多くが選択している方法は、専門学校に通い、実習などの演習を経て国家資格を受験する方法です。そしてもう1つは、上述のように准看護師として働きながら夜間の学校へ通って国家資格を取得する方法です。こちらは遠回りの取得方法ですが、社会人から転職をして看護師を目指す方にはこちらの方法で正看護師を目指す人が多いです。

看護師を目指す際の注意点

看護師を目指す際の注意点

未経験から転職をして看護師になりたいと考えた場合には、いくつか注意点があるのでご紹介します。
まず自身の適性をよく考えることです。看護師は現在の労働環境の水準の中ではとても良い待遇で働ける仕事と言えます。高い収入が見込めて、社会的な信用も高く、福利厚生もしっかりとしています。しかしその分、命を預かる立場という重い責任を担うことになります。数ある仕事の中でも看護師の業務はとても特徴的なので、自分の適性をよく考えることが大切です。
そして、学校で勉強することはもちろんですが、実際に資格を取得して現場に出てからが本番となります。現場に出れば実際に病気や怪我をしている患者さんの看護を行うので、看護学校での勉強よりも進んだ知識が次々と求められることになります。
看護師を目指す場合にはこのようなことをよく考えた上で選択しなければ、中途半端な意識では厳しいと言われる資格の勉強についていくことすらも難しくなってしまいます。

一緒に読みたいTOPICS