転職を考える方へ

当サイトを閲覧いただき誠にありがとうございます。転職に際して色々と迷う時があるかと思いますが、当サイトが少しでもお役に立てればと思います。当サイトに関するお問い合わせはこちらよりお願いします。

円満退職を目指すならタイミングを意識する

円満退職を目指すならタイミングを意識する
退職時に大切なこと

退職時に大切なこと

転職をする時に必ず考えなければならないことが、退職に関してです。退職で大切なことは会社への配慮ですが、そのひとつの配慮に「タイミング」があります。退職を円満に運ぶためのタイミングですが、これは自分の置かれている状況や重視されていることなどによって様々です。円満退職を目指して自分の退職の最適なタイミングを考える際に役立つよう、状況に応じた退職の意思の伝え方、退職のタイミングを考えてみましょう。

退職の意思を伝える

退職の意思を伝える

退職は所属している組織全体に少なからず影響を与えます。民法第627条では退職は二週間前までに労働契約の解約の申入れをすることが定められています。しかし、実際には会社の就業規則で退職に関する規定があります。例えば、辞める際は2ヶ月以上前に事前に上司に相談することなど、会社によって規定があることがほとんどです。つまり、民法だけを意識すると二週間前までとなっていますが、実際にはその期間だと不十分な場合が多いということです。このことから、円満に退職するためにも二週間前までではなく会社の規定に則することと、なるべく早く退職の意向を直属の上司に伝えておくことが秘訣となります。

適切なタイミングとは

適切なタイミングとは

では、具体的にどのようなタイミングだと適切と言えるのかを考えましょう。まずは自分が抱えているプロジェクトや仕事のキリに合わせて退職をすることでしょう。自分が持っている仕事で、自分がキリの良いところまで終わらせなければ引き継ぎに多大な労力がかかってしまうことがあります。なるべく同僚や上司に迷惑がかからない今の仕事をやりきった上で退職しましょう。
そして、余裕のあるスケジュールを心がけることも大切です。退職をした後、必ず自分の仕事を行う人が存在します。その人に仕事を引き継ぐことが必要となる場合は多くあります。こういった場合に、誰に自分の業務を引き継ぎするべきなのかを自発的に考えましょう。そして、余裕を持って退職までにしっかりと引き継ぎができるスケジュールを組み、自分の仕事を行いながらも仕事を引き継いでいきましょう。

転職先の意向も汲む

転職先の意向も汲む

転職が決まった場合には、自分が予定している退職日よりも早期に入社することを求められることがあります。転職先の意向を重視したいのは当然で、できるだけ要望に答えることも重要です。このようなケースも考えて、しっかりと余裕のあるスケジュールを組んで、前倒しで退職しても迷惑にならない状況を作っておくことが大切です。そして、自分の上司にこういったことはしっかりと相談し、自分の意思をはっきりと伝えることも大切です。

一緒に読みたいTOPICS